SCROLL

Ikeda Aishi

池田 愛之 / 2012年入社
コーポレートコミュニケーション戦略局 リスクマネジメント部

現在の業務について簡単に教えてください

新卒入社から6年間、関西支社プランニング&コンサルティング局で、クライアントの窓口としてさまざまな広報支援などをやっておりました。2018年からリスクマネジメント部に異動し、クライアントに危機的状況が発生する前の予防や、危機が発生した際の対応・回復などをコミュニケーションの観点からサポートするリスクコンサルタントとして、社会との良好な関係づくりのお手伝いをしています。現在の専門分野はソーシャルメディアの炎上です。

現在の業務で面白いところ、難しいと思ったところ、やりがいなど

似たような業務であっても、時流や世論によって価値観は変わり、答えが必ずしも同じとは限らないところです。クライアントに提供するコンサルティングはどれもオーダーメイドであるという難しさはありますが、コミュニケーションの専門家としてステークホルダーと一緒に価値を創り出すことはこの仕事ならではの醍醐味(だいごみ)だと思います。

今までで思い出に残っている仕事はありますか?

プランニング&コンサルティング局にいた頃の仕事ですが、世界的に有名な看板のリニューアルに携わったことです。公表される1年以上前から準備し続け、成し遂げた時は大きな感動を覚えました。その時に私が撮影しメディアに提供した写真が大手ポータルサイトのトップを飾ったことはちょっとした自慢です。

電通PRコンサルティングってどんな会社だとおもう?魅力はどこ?

自由な発想とともに「『やりたい』という思いがあれば何でもできる」そんな会社です。一人一人が個性を存分に発揮し、クライアントとその先にある社会課題の解決に全力を傾ける、そんな尊敬できる社員がたくさんいます。

電通PRコンサルティングに入社を決めた理由は?

大学生の頃に携わった行政委託の地域活性化研究の中で初めてPRという言葉に触れ、興味を持ちました。また、就職活動中に遭った東日本の震災を通じて、社会に元気を広く発信し、希望のある未来を創っていく仕事をしたいと考えたからです。

学生時代にやっておいて良かったことは? あるいは学生時代にやっておけば良かったな、と思うことは?

【やっておいて良かったこと】
ゼミでの研究活動です。PRへの興味のきっかけとしてだけではなく、研究は、予算やスケジュールの管理から内容の仮説設定、報告書の提出までの一つのプロジェクトに本気になって取り組めた貴重な機会でした。チームとしての連携や対外交渉、プレゼンなどを通して自信につながり、就職活動の際には大きく役に立ったと思っています。

【やっておけば良かったこと】
いろいろな所に出掛け、いろんな人や価値観に触れ、少しでも興味を持ったら飛び込んで、たくさんの刺激を受けてください。「お金はないけど時間はある」今だからこそできるぜいたくな時間の使い方を堪能してください。それが今後の血肉になると思います。あと、新聞などの活字(できれば複数紙)にしっかり慣れておいた方がいいですよ。

今後やってみたい仕事や目標はありますか?

明確な目標ではありませんが、関わった仕事によって、周囲の誰かの幸せにつながることを目指しています。それら一つ一つの積み重ねを通じて、社会に元気を広く発信し、希望のある未来を創っていくことに寄与できればうれしいです。

就活生にひとこと!

先が見通せないこの時代、これから社会に向けて羽ばたいていくことに不安を覚える方は多いと思いますが、こういう時だからこそ、あまり気負わず楽しむことを忘れないでください。どれだけ時代や環境が変わっても、基本は人と人とのコミュニケーション。普段あなたが何げなくやっていることと大差ありません。逆に、異なる価値観を持った多くの人たちと知り合い、自分を高めていくチャンスだと思います。「就活生」という身分をガッツリ使い倒し、単なる仕事としての選択ではなく、ご自身の「ありたき姿」を見つけてください。