SCROLL

Saito Kunihiro

齊藤 国浩 / 2017年入社
情報流通デザイン局
ソリューションデザイン部

現在の業務について簡単に教えてください

入社以来、プランニング&コンサルティング局にて、多岐にわたる分野のクライアントの窓口としてPRのディレクション業務(企画、実施運営、報告等)を担当していました。
2020年1月から情報流通デザイン局に異動し、新聞・雑誌・WEBメディアとのリレーション構築を中心に、広報コンサルティング活動をしています。
日々さまざまなメディアの方とコミュニケーションを取り、良きPR活動を模索しています。

現在の業務で面白いところ、難しいと思ったところ、やりがいなど

さまざまなメディアの方と接する中で、日々新しい発見、トレンドの種を見つけることが面白いです。
ただ、最近はコロナ禍でオンラインでのコミュニケーションに限定されているので、どのようにリレーションを構築していくか、が難しいところでもあります。

今までで思い出に残っている仕事はありますか?

入社3年目で、国際スポーツ大会の広報スタッフとして、地方開催都市で長期出張をしたことが思い出です。
それまでは一部の人だけが関心を持っていたスポーツが、日本中を熱狂させる花形スポーツになっていくシンデレラストーリーの一部を自分が担っていると感じ、胸が高鳴りました。

電通PRコンサルティングってどんな会社だとおもう?魅力はどこ?

世の中を動かす、うねりの発端をつくれる会社だと思います。電通PRCの仕事が起点になり、世の中が良い方向に変化できるのではないかと、本当に思っています。

電通PRコンサルティングに入社を決めた理由は?

世の中にムーブメントを起こす大きな仕事ができるのに、自分の声が届く良い意味で小さな会社だと思ったから。

学生時代にやっておいて良かったことは? あるいは学生時代にやっておけば良かったな、と思うことは?

自分の「好き」を追求できたこと。自分は銭湯が好きで、サークルを作ったり、旅行雑誌でアルバイトをしたり、卒論の研究をしましたが、その探求していく力が今になっても役に立っていると思います。

今後やってみたい仕事や目標はありますか?

コーポレートコミュニケーション領域の仕事にも携わり、PRを全般的に理解しながら、一通りの広報コンサルティングができるゼネラリスト型のPRパーソンとして活躍したいです

就活生にひとこと!

周りの家族や仲間を大切にしながら、協力し合って進んでいけば、きっと良い選択ができると思います。