SCROLL

Shibuya Reiko

澁谷 玲子 / 2017年入社
プランニング&コンサルティング局

現在の業務について簡単に教えてください

入社して2年はコーポレートコミュニケーション、企業の広報・PRを専門として戦略を考えたり調査をしたりする部署におりましたが、2019年の夏からプランニング&コンサルティング局に所属しております。クライアントの窓口となり、クライアントが抱える様々さまざまな課題の解決のため社内外のメンバーととも共にPR施策を考え、実行しています。

現在の業務で面白いところ、難しいと思ったところ、やりがいなど

ソリューションに答えがないところが、面白いところであり難しいところでもあります。
広報・PRというはのはコミュニケーションの力でクライアントの課題を解決する仕事ですが、
個人間のコミュニケーションの方法に答えが無いないように、何でも考えることができ、かつ考えたことが実現されて実際に課題を解決できたとき、やりがいを感じます。

今までで思い出に残っている仕事はありますか?

クライアントの広報・PR戦略の立案から施策実行まで全てに関わり、記事になっただけでなくクライアントの売り上げが増加した仕事です。
広報・PRの仕事は記事にすることが目的ではなく、記事になった後の情報を受け取った人への影響を期待するものなので、それが実感できました。
情報はこのように広がり、クライアントの役に立つのだと分かり印象に残っております。

電通PRコンサルティングってどんな会社だとおもう?魅力はどこ?

懐が大きい会社。
いろいろなクライアントのいろいろな要望に応えることができる多種多様な人材がいるところが魅力だと思います。

電通PRコンサルティングに入社を決めた理由は?

大小さまざまなクライアントの仕事に関わることができる点、また働く人たちがプライベートも充実していて人生を楽しんでいる点が入社を決めた理由です。
会社を選ぶ基準は、大きく分けると「仕事内容」と「一緒に働く人」の二つだと思います。
好奇心が強い人であれば、いろんな仕事に関われることは魅力だと思います。
そして一緒に働く人が仕事のための人生、ではなく人生を充実させていることは魅力的ではないでしょうか。
その結果(当時で)6年連続新卒の離職者がゼロ、という数字が出ていたのだと思います。
新卒で離職する人がここまで少ないのはまれです。
「仕事内容」と「人」の両方そろっている良い会社だと思います。

学生時代にやっておいて良かったことは? あるいは学生時代にやっておけば良かったな、と思うことは?

やっておいて良かったと思うのは、どんな人生を歩みたいのか考えたことです。
自分の人生をどうしたいか考えるには時間が必要です。
学生という時間があるうちにそのことを考えておくと、どんな仕事に就いても
仕事をする上でのモチベーションにもなりますし、大変なときの力になってくれます。

今後やってみたい仕事や目標はありますか?

最初から最後までできるPRパーソンになるため、企画立案から実行までどんな仕事にも関わりたいと考えています。
特に挙げるならば「偏見」やそもそもイメージがないものを、良いイメージに変え社会を良くするような社会課題に資する仕事に関わり人々の助けになりたいと思っています。

就活生にひとこと!

“彼(敵)を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず”と言いますが、
業界や会社研究をすることとともに、「自分を知ること」も重要です。
自分がやりたいこと、自分の個性が何かを知って、それに合う仕事を選べたら幸せじゃないでしょうか。
また、一般的に「自分を分かっていない人」が一番採用しづらいそうです。
自分が知っている以上に相手に「自分自身」を伝えることはできません。
だから「自分を知ること」は重要です。
自分を知って自分をちゃんと伝えた上で、駄目だったなら落ち込む必要はありません!
それは合わない会社なのだから入っても幸せじゃなかったと思います。
“選ばれる”ではなく自分に合う会社を“選ぶ”つもりで就職活動に臨めたらいいと思います。
皆さんがやりたいこと・個性がPRの仕事・電通PRコンサルティングとマッチしていて選んでもらえたらうれしいです!